ネットでのご予約はこちら

  • ホーム
  • クリニックのご紹介
  • 耳鼻科の病気について
  • アクセス・地図
               

気管支炎の原因と治療

●気管支炎ってなに?風邪とは違うの?

咳がメインの風邪を、気管支炎と呼んでいます。咳がひどい風邪のことです。

●気管支炎の原因は?

原因は、3つ。ほとんどが、ウィルスで、まれに、マイコプラズマや百日咳菌のことも。

●原因の見分け方は?

ウィルスなら、1~2週間で、だんだん良くなりますが、マイコプラズマや百日咳は、全然良くなりません。そうなったら、検査をしましょう。結果が出るのに、4~5日かかります。

●治療は?

ウィルスには、抗生剤は効かないので、食事、休養、睡眠で、良くなるのを待ちましょう。マイコプラズマと、百日咳には、抗生剤が効きます。結果が出たら、飲みましょう。来院する前に、結果がでているか、確認の電話をください。

●咳止めが欲しいと思いますが…

実は、最近の研究で、これまで使われてきた「咳止め」(メジコンやアスベリンなど)に、効果がないことが分かっています。さらに、脳の働きをおさえ、呼吸が弱くなる副作用が問題視されています。咳を何とかしてほしくて来院されたと思いますし、私たちも何とかしてあげたいのですが、そういう薬を出すわけにもいきません。でも、漢方薬なら、副作用が少ないので、希望の方にはお勧めです。また、次の「咳が楽になる方法」も参考に。

●咳が楽になる方法

マスク、のど飴などで、のどの乾燥を防ぐと、治りが早いです。また、スプーン一杯くらいのハチミツは効果があります。そのままでも、飲み物に溶かしても(ただし1歳以上)。

●こんなときはすぐ来て!

咳で吐く、眠れないくらいひどい、呼吸が早い、胸が苦しい、38℃以上出た時は、様子をみないですぐに受診を!

●麻薬性の咳止めについて

フスコデ、カフコデなど、「○○コデイン」は麻薬性の咳止めです。体内で、麻薬(モルヒネ)になる、副作用の非常に強い薬です。当院では基本的に出しません。

ネットでのご予約はこちら

診療時間
9:30~12:30
15:00~18:00

休診日:木曜日・日曜日・祝日  :土曜日午後は17:00まで

ページの先頭へ戻る