ネットでのご予約はこちら

  • ホーム
  • クリニックのご紹介
  • よくある症例と解説
  • アクセス・地図

自費のコロナのPCR検査、やっています

2020/08/11

海外渡航や、仕事、旅行、帰省、留学、お見舞いなど、コロナの陰性証明が必要な方の検査です。
検査日の2週間前から、熱や咳、だるさなどの症状が、何もない方が対象です。

検査は、完全予約制です。
料金は、国内用は2万円(税込み)、海外用は、2万5000円(税込み)です。

「国内で利用の方」
診察の予約を取って、17時まで(土曜日は16時まで)に来院してください。予約の際、「主な症状を教えて下さい」の所に、「国内向けの、コロナのPCR検査希望」と、入れてください。
結果は翌日の早いと、朝9時頃。遅いと、夕方5時過ぎにわかります。結果が届いてから、証明書を発行します。時間に余裕を見て下さい。検査の翌日が、休診日(木、日、祝日)の場合は、休み明けになります。証明書は、取りに来てください。

「海外で利用の方」
先に打ち合わせが必要なので、予約を取らず、電話をください。国によって、決まりが違います。ご自身で、入国先の条件を調べて、連絡をください。(唾液検査でよいのか?専用の書式があるのか?出国何日前までの検査なのか?1回の検査でよいのか?などなど)来院時は、必ずパスポートを持参することを、お忘れなくお願いします。
結果は、だいたい、翌日の午前中に、届きますが、まれに、翌日の夕方4時頃になる時があります。時間に余裕をみて下さい。(コロナ患者さんが増えてきて、検査件数が多くなり、結果が出るまでに時間がかかる様になっています。夕方6時頃までかかる場合もあります。時間に余裕を見て下さい)。検査の翌日が、休診日(木、日、祝日)の場合は、休み明けになります。

「検査方法」
唾液と、鼻の奥をぬぐう検査と、2種類あります。
指定がなければ、唾液で検査をします。
唾液の検査を受ける方は、検査30分前からは、飲食、歯磨き、うがい、あめ、ガムなどは、避けて下さい。
鼻腔拭い液を指定している国の場合は、鼻から綿棒を入れて検査をします。
どちらでも対応できます。

「検査当日」
受付後、個室で、直径2.5㎝位の筒に、唾液(つば)を2ml ためます。
唾液をためるのに、10分位、かかります。
これができる方なら、子供でもいいです。(10歳くらいからは、できるかもしれません。)
鼻の奥を拭う検査の場合は、個室で、医師が鼻の奥に綿棒を入れます。
その日は、会計後、帰宅してください。

「証明書の受け取り」
直接来院してください。海外渡航用の方で、時間がない場合は、メールやショートメッセージにPDFで送ることもできます。電話で相談してください。ただし、国によっては、原本を要求していることがあります。検査結果が受け取れる、余裕を持って、検査を受けに来て下さい。

海外渡航用の方で、専用の書類、書式がある方は、検査当日に、持ってきてください。
特にない方は、当院の書式で書きます。
万が一、陽性の結果が出た場合は、感染者として当院や、保健所から連絡が入ります。

ネットでのご予約はこちら

診療時間
9:30~12:30
15:00~18:00

休診日:木曜日・日曜日・祝日  :土曜日午後は17:00まで

ページの先頭へ戻る