ネットでのご予約はこちら

  • ホーム
  • クリニックのご紹介
  • 耳鼻科の病気について
  • アクセス・地図

アレルギー性鼻炎

アレルギーの方は、花粉やダニ、ホコリなどに、敏感な体質、タイプです。
病気とも少し違うので、必ず治療しなければいけないわけではありません。
まず症状がどの程度か、よく観察しましょう。(毎日ズルズル?たまにぐらい?)

日常生活に支障があるかどうかで、治療をするか、決めてはどうでしょうか?
もう治療したい!という方は、いつでも相談して下さい。
それほどつらくない方は、鼻水の吸引や吸入に来て、様子をみていいと思います。

●何に反応しているのか?

アレルギーの原因は何なのか、症状の出る時期をみれば、だいたい分かります。
1年中ならダニ、ハウスダスト。
2、3、4月はスギ、ヒノキ。
5、6、7月はイネ科の雑草。
8、9、10月はブタクサ、ヨモギです。

採血すれば、原因がはっきりします。約1週間で結果が出ます。
何に反応しているか分かれば、症状が出る時期がわかるので、対策が出来ます。
ただし、「スギ専用」とか「ブタクサ専用」の薬があるわけではありません。

●最も大切な、治療用スプレー(アラミスト、ナゾネックス、エリザスなど)

スプレーは、飲み薬より効きが良く、眠気や体への副作用が少ない薬です。また、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに、まんべんなく良く効くため、治療の中心です。花粉の時期は、1日1回、時間を決めて、必ず毎日スプレーしましょう。

使う時間は、日中つらい方は朝、朝起きた時つらい方は夜、 夜の鼻づまりがつらい方は寝る前など、自分の症状に合わせて使って下さい。

※スプレーの使い方
スプレーは真っ直ぐ立てて、自分が少しうつむいて下さい。
使ったら、先を拭いて下さい。
症状がつらいからと、1日何回もやっても、効きがよくなるわけではありません。
1日1回だけやりましょう。

スプレーだけで、症状がつらい方は、飲み薬も出します。教えて下さい。 ダニやほこりのアレルギーで、季節に関係なく、症状が出る方は、つらい日に使いましょう。 楽な時は、休んでも良いです。

●飲み薬

飲み薬は、あくまでもスプレーの補助です。スプレーと飲み薬の両方を使っている方で、調子がいい時は、 飲み薬を休んで、スプレーだけでもいいです。

ただし、スプレーをやらずに、飲み薬だけ飲むのは、やめましょう。
今まで、飲み薬だけで治療してきた方で、十分症状がとれない方は、スプレーを使ってみてください。楽になります。

●トーク(鼻づまりのスプレー)

これは、鼻づまりを一時的にとるスプレーです。
効きはいいのですが、使い過ぎると鼻が慣れて、そのうち効かなくなります。
鼻づまりが、つらい時だけ使って下さい。

目安として1日3回まで。連続14日以上は使用しないで下さい。
強い薬なので、指示がない限り、子どもには絶対使用しないで下さい。

●鼻の粘膜を焼く手術

鼻づまりが約半年、楽になります。
ただし、鼻水やくしゃみにはあまり効きません。

スプレーや飲み薬で治療しても、鼻づまりがとれない方にお勧めです。
麻酔を含めて、おおよそ30分で終わります。
時間に余裕を持っていらして下さい。

●舌下免疫療法(シダトレン)

スギ花粉症の新しい治療法です。
詳細はこちらからか、院内の別紙(スギ花粉症の舌下免疫療法について)をご覧ください。近日中に、ダニの免疫療法が出来る 予定です。
詳細は、分かり次第お伝えします。

●薬の管理

薬はご自分のものです。ご家族や友人と分け合ったりしないで下さい。

自分の薬を、他の人にあげて、なくなっても、保険は効きません。
薬局を含めて、全額自費となります。処方箋を無くした場合も同じです。

なお処方箋の有効期限は、処方当日を入れて4日です。

ネットでのご予約はこちら

診療時間
9:30~12:30
15:00~18:00

休診日:木曜日・日曜日・祝日  :土曜日午後は17:00まで

ページの先頭へ戻る