耳鼻科の病気について
  • ホーム
  • クリニックのご紹介
  • 耳鼻科の病気について
  • アクセス・地図

急性副鼻腔炎について -抗生剤を飲むのは、どんな時?-

●副鼻腔炎と鼻かぜの関係

副鼻腔炎(ふくびくうえん)というと、何か特殊な病気のようですが、実は鼻かぜそのものです。 鼻が出ていれば、副鼻腔炎です。
ほとんどは、自然に治りますが、抗生剤を飲んだ方がいい場合があります。
その辺りを中心に、書きました。

●急性副鼻腔炎とは

副鼻腔(ふくびくう)というのは、顔の中にある空洞のことです。
下の図を見て下さい。ここに、うみがたまるのが、副鼻腔炎です。



副鼻腔は、鼻の中とつながっていて、普段は空気が入っています。
うみは、かぜをきっかけに、鼻の中から、副鼻腔に入って、たまります。
鼻と副鼻腔は、つながった空間なので、鼻が出れば、副鼻腔炎にもなっているということです。

●副鼻腔炎の原因は?(細菌なのか、ウイルスなのか?)

かぜが原因なので、ほとんどがウイルスです。
しかし、まれに、細菌が原因の場合もあります。
細菌が原因で、かつ、重症の場合は、抗生剤の出番です(詳しくは後で)。

●副鼻腔炎の経過は?(ほっといても治るのか?)

たまったうみは、鼻の中へ出て、自然に治ることがほとんどです。
鼻をよくかむことで、鼻水と一緒にうみが出ます。
自分でかめない子どもは、鼻を吸いに来ましょう。早く治ります。
痰がらみの咳は、鼻が原因です。
鼻をすっきりさせると、のどへ回らなくなり、楽になります。

●抗生剤を飲むのはどんな時?

副鼻腔炎のほとんどは、ウイルスが原因。ウイルスに抗生剤は効きません。
抗生剤を飲むのは、細菌が原因で、かつ、重症の時。
重症になるのは、細菌が原因と考えられています。

では、重症のサインは何か?それは、「頭痛」や「顔の痛み」です。 特におでこの辺り、目の間、ほっぺの辺りが痛くなったら重症です。その他、下を向くと頭が痛い、上の歯が痛い、後頭部が痛いなど。
こうなったら、なかなか自然には治らないので、抗生剤を飲んだ方がいいです。
子供には、その辺りが痛くないか、聞いて下さい。2~3日続く時は来ましょう。

※頭痛や顔の痛みがあっても、意外と副鼻腔炎でない事があるので、
 当院では、CTを撮って確かめます。
※重症じゃない場合に、抗生剤を飲んでも、早く治るわけではありません。
 早めに抗生剤を飲んでも、細菌による副鼻腔炎の予防にはなりません。

●どろっとした緑の鼻には、抗生剤?

誤解されている方が多いのですが、どろっとしたり、鼻が緑や黄色になるのは、菌がいるからではありません。

鼻の出始めは、さらさらで、だんだん色がついたり、どろっとなっていきます。 これは、時間とともに、粘膜のはがれたものや、白血球などが加わるからです。 これらに色が着いているから、鼻にも色が着きます。

そういう訳で、「どろっとした緑の鼻には抗生剤」は誤りです。

●アレルギー性鼻炎と副鼻腔炎

アレルギーのある方は、副鼻腔炎になりやすいです。

鼻と副鼻腔がつながっているのは、細いすき間。ここが通っていると、うみは自然に出て行きます。 しかし、アレルギーのある方は、このすき間もつまり気味になっているので、副鼻腔炎になりやすいのです。

繰り返し、副鼻腔炎になる方は、アレルギーの治療をして、鼻の通りをよくしておくといいでしょう。

診療のご予約はこちら